にきび占い

にきび占い

にきび占い、昔誰もがやったことがある占いの一つではないでしょうか。
「思い思われ振り振られ」なんて言葉がありますが、顔のどこにできたにきびは、ひとを思っているにきびだとか、顔のどこにできたにきびは、人に思われている、ふられる、ふるなどとにきびで占いを兼ねていたもんですね。
今から考えてみると、にきび占いというのは全くもって根拠がないと言えばないのですが、思春期特有のにきびが楽しい恋愛占いになっていたのです。
にきびが占いになるというのもすごい話なのですが、意外とこれが盛り上がったりして、にきびが出来た部分を見ては、「誰か好きな人がいるでしょ〜」とからかったりからかわれたりするかもしれませんね。
思春期は顔ににきびが出来やすい時期で、多くの思春期を迎えている年代の人がにきびに悩むと思います。
その年代はホルモンのバランスなどによってにきびが出来やすく、また皮脂が分泌しやすい時期とも言われています。
このようなことから、思春期の誰もが通るにきびという症状を使って占いが出来たんでしょうね。
今も昔もにきび占いはあるといいますから、面白いもので言い伝えられてにきび占いは、今でも思春期の学生の間で楽しまれています。

プロアクティブとは