にきびの種類

にきびの種類

にきびの種類というのは色々とあります。
一般的に一言でにきびを読んではいますが、にきびが出来たことがある人なら、いろいろと症状や見た目が違ったにきびがあるということを知っているのではないでしょうか。
たとえば一番良くできやすいといわれているのが白にきびだと思いますが、こちらはにきびの一番初期段階とも言われています。
毛穴はふさがったままで皮膚ににきびが出来ます。
白にきびは中に角質や汚れ、皮脂がたまっているだけの状態なのでまだにきびの症状が悪化する前の段階です。
この後にきびが悪化すると赤にきびというにきびの種類に発展します。
赤く熱を持っているように見えることで赤にきびといわれていますが、赤いにきびは、菌が中に入ってしまって、炎症を起こしているような状態です。
さらに悪化してしまったニキビを黄にきびと呼んでいます。
このにきびの種類は、最終段階といってもいいほど悪化したにきびの症状で、にきびの中でも一番悪い状態です。
黄にきびにならないためにも早めにケアしていかなくてはいけません。
にきびの種類にはもう一つ、黒にきびというにきびがあります。
黒にきびというのは、角質が酸化したことで黒く見えてしまいます。
これだけのにきびの種類があります。

プロアクティブとは