赤にきび

赤にきび

赤にきびが出来てしまったことがある人は多いと思います。
私も赤にきびに悩んだことがありますが、赤にきびというのは見た目にも赤いにきびで、なかなか治らないのが特徴です。
赤にきびが出来る原因としては顔などの皮脂が大量に分泌してしまうことが原因で毛穴が詰まってしまって、皮膚にもともといるアクネ菌という菌が大量発生してしまっていることによって炎症が起きたことで赤にきびが出来てしまいます。
赤にきびが出来る原因はほかにも、最近は紫外線が強くなっているといわれていますが、外で紫外線に当たることで、皮膚が酸化してしまって、外からの刺激によって炎症が起きることで赤にきびがけいるといわれています。
赤にきびはできてしまうとかなり炎症がひどくなり、すぐに次の段階の膿がたまってしまう黄にきびに発展しやすいので、早めの対処が必要です。
赤にきびが出来て少し症状が悪化していると感じたら、迷わず皮膚科を受診した方がいいかもしれませんね。
皮膚科を受診することによって早くケアすることが出来ますし、赤にきびの次の段階の黄にきびへの発展を防ぐことが出来ると思います。
いずれにしてもにきびが出来てしまったら早めの対処とケアが必要ですから覚えておきましょう。

プロアクティブとは