にきびの芯

にきびの芯

にきびの芯というのは誰もが一度は触ったことがあるのではないでしょうか。
にきびの芯というのは毛穴の中に詰まってしまった分泌された皮脂が参加したことによってできた物質で、それが冷えて固まっている状態をにきびの芯と呼んでいます。
にきびの芯とは言わずにコメドという名前で呼ぶこともありますね。
にきびの芯を出そうと思って自分でにきびを爪で潰して、そして棒のようなものを出したことがあるという人も多いのではないでしょうか。
にきびの間違った情報としてにきびの芯があるとなかなかにきびが治らないので、早めに出した方がいいという情報がありますが、にきびの芯は確かに出さなければいつまでたっても炎症を起こしたままであまりいい状態とはいえません。
しかしにきびの芯を間違った出し方をすると皮膚が傷つきますし、肌にとってはよくないのです。
にきびの芯を自分の爪え出すのはやめましょう。
専用の器具もありますし皮膚科へ行けばにきびの芯を出してくれます。
にきびの芯が出来てしまっているということは、それだけ毛穴に汚れがたまっていてターンオーバーが上手にえ着ていないということになりますから、にきびの芯が出来た段階でそれに合わせたケアが必要です。

プロアクティブとは